第68回国民体育大会バレーボール競技選手選考会
開 催 要 項
主催:滋賀県バレーボール協会
1.大会期日 平成25年6月9日(日)  9:00〜

2.会場

  ◇成年男子6人制……… 守山市民体育館・竜王町運動公園体育館
  ◇成年女子6人制……… 守山市民体育館・竜王町運動公園体育館
   ※会場は抽選後、HPでご確認ください。

3.参加資格

  @平成25年度日本バレーボール協会登録規程により、有効に登録された選手およびベンチスタッフ
   で構成されるチーム。

  A監督、選手は、日本国籍を有する者。ただし、日本国籍を有しない者であっても出入国管理及び難
   民認定法に定める在留資格のうち永住者と、学校教育法第1条に規定する学校に在籍する学生及び
   生徒は参加することができる。留学生は参加できない。

  B第66回又は67回大会(県大会及びブロック大会を含む)において、選手及び監督の資格で参加
   した者は、次の場合を除き第66回又は67回大会と異なる都道府県から参加することはできない。
   ・平成24年度に学校教育法第1条に規定する学校を卒業した者
   ・平成24年5月1日以降、平成25年4月30日迄に結婚及び離婚の法的手続きが完了した者
   ・ふるさと選手制度を活用する者

  C所属都道府県は、次のいずれかから選択することができる。
   ア 居住地を示す現住所   イ 勤務地   ウ ふるさと    
   注)ア、イの場合、平成25年4月30日以前から本大会参加時まで、継続して当該地に居住・勤
     務または通学していることが条件。

  D平成7年4月1日以前に生まれた者であること。

  E成年男女の種別に、単一大学の学生チームの参加は可能であるが、上記Cを満たしていること。

  F監督・選手は2種別に参加することはできない。

  G監督は、日本体育協会公認バレーボールコーチ・上級コーチ・指導員・上級指導員の有資格者であ
   ること。

4.参加人員 6人制:監督1名、選手12名、計 (※注2 申込みは18名まで可)

5.競技方法・組合せ抽選

  @競技規則・競技方法
   平成25年度日本バレーボール協会制定の6人制競技規則により、全種目とも3セットマッチのト
   ーナメント方式またはリーグ戦形式で行います。(参加チーム数による)

  A組合せ抽選
   申込〆切後、滋賀県バレーボール協会(競技委員会)の責任において公開抽選をします。
    抽選日:平成25年6月3日(月) 19:30〜
    場 所:守山エルセンター
    ※組合せについては、協会HPでご確認ください。

7.参加申込方法及び〆切

  @参加料 1チーム 5,000円
   当日徴収します。棄権の場合も後日徴収します。

  A申込み方法
   
MRSシステムにて申し込むこと。記入項目が非常に多いので時間に余裕を持って申し込むこと。

  B〆切 
平成25年5月31日(金) 24時

8.使用試合球 男子 モルテン 女子 ミカサ

9.その他

  @本選考会において選抜された選手は、下記大会に出場する権利と義務を有するものとします。
  (※注3)
   *第68回国民体育大会近畿ブロック大会
          平成25年8月24日(土)〜25日(日)  桜井市(奈良県)

  A駐車場はありますが各会場ほかのイベントと重なるため出来るだけ乗り合いでお願いします。

  B試合中の傷害は応急処置のみ行いますが、それ以上の責任は負いません。
   保険等の加入は各チームでお願いします。

  C各チームのゴミは必ずチームで持ち帰って下さい。

  D当日、試合会場設営や補助役員のご協力をお願います。

  E参加資格等不明な点は、下記担当者までお問い合わせください。

  〈問い合わせ先〉
   滋賀県バレーボール協会 競技担当  大野 敏
   携帯 090−2591−7324

 ※注1 ふるさと選手制度について

  @「ふるさと」とは、卒業中学校又は卒業高等学校のいずれかの所在地が属する都道府県のことです。

  Aふるさと選手制度の活用については、原則として、1回につき2年以上連続で、利用できる回数は
   2回までです。

  Bふるさと選手制度を活用し参加を希望する場合、予め所定の方法により「ふるさと」を登録する本人
   がする必要があります。

  滋賀県体育協会のHP http://www.bsn.or.jp/kokutai/dl/ より用紙をダウンロードしてご記入の上、
  ご登録ください。

 ※注2 参加人員について

  申込みは最大18名までで、試合ごとにその中から最大12名をエントリーしてください。

 ※注3 選考会方式について

  本年度も、男女とも本大会を選手選考会とすることとします。選考委員が、本大会に参加した選手から
  選考を行い、選抜された選手は国体の近畿ブロック大会・国体に参加するものとします。よって、優勝
  チームがそのまま近畿ブロック大会・国体に出場するとは限りません。